30代女子必見 意外と知らない貧血にはコレッ!

サジージュース特集!おいしいの?

雑誌などで紹介されることもあるので口コミで徐々に浸透してきているとは言え、サジーという果物を知っている人はまだまだ少ないと思います。しかし実はサジーはものすごく栄養価が高く、美容と健康に非常に効果・効能のある優れものなんです。サジーはもともと中国やモンゴルなどの自然環境で自生する植物で、その生命力の強さが特徴です。気温の低い山岳地帯や、乾燥している砂漠地帯など、植物にとっては過酷な環境であっても自生しているのです。品種は細かく分けて現時点で12種類程度あると言われていますが、過酷な環境で育つほどより栄養価が上がる傾向があるようです。同じサジーであっても、品種によって栄養価が変わってくるところはポイントですね。

サジー

気になるサジーの味は?

サジーの味は、見た目通り「酸っぱい」です。人によっては甘みがあると感じたりもあるようですが、わたしは酸っぱく感じました。でもその酸っぱさが、飲み方にバリエーションを作るのにピッタリなんです!たとえばヨーグルトに混ぜて食べてみたり、アイスにかけてアフォガート風にしたり、豆乳に混ぜて特製ジュースを作ったり…わたしの最近のお気に入りの食べ方は、ドレッシングに混ぜることです。柑橘系の程よい酸っぱさが、意外とくせになりますよ。美味しくないと続かないし、バリエーションがないと飽きてしまいますよね!

サジーの栄養素と、その驚くべき効果とは

サジーにはどのような栄養が含まれているのか気になるところだと思いますが、実はサジーには200種類以上もの栄養素が含まれていると言われています。代表的なものですと、以下のようなものが挙げられます。

■ミネラル
ナトリウム、鉄、亜鉛、カリウム、銅、マンガン、ニッケル、カルシウム
■ビタミン
ビタミンA、ビタミンC、ビオチン、ビタミンE、フィロキノン、葉酸、パントテン酸
■カロテノイド
α-カロテン、β-カロテン、リコピン、β-クリプトキサンチン、ルテイン
■フラボノイド
アントシアニン、イソラムネチン、ケルセチン、ケンフェロール、ルチン、総プロアントシアニジン
■アミノ酸
アルギニン、リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、チロシン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、バリン、アラニン、グリシン、プロリン、グルタミン酸、セリン、スレオニン、アスパラギン酸、トリプトファン、シスチン、ヒドロキシプロリン、ヒドロキシリジン
■脂肪酸
オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、パルミトレイン酸
■糖鎖
キシロース、マンノース、ガラクトース
■有機酸
リンゴ酸、キナ酸

基本的には品種を問わずこれらの栄養素が確認されていますが、特にシネンシスサジー(ビコアサジー)と呼ばれる品種は、他のサジーに比べそれぞれの栄養価が圧倒的に高い点が特徴で、健康的な効能に優れていると言われています。
→サジーに副作用ってあるの?

サジーの抗酸化作用でアンチエイジング

肌を老化させることで有名な紫外線、その他にも毎日襲って来るシミ、シワなどのカラダのサビ。これらに対抗するのが抗酸化作用です。サジーはそもそも、過酷な砂漠に生息している植物で、抗酸化力を持つビタミンCやE、A(β-カロテン)を豊富に含んでいます。コラーゲンの生成に必要なビタミンCや、細胞を酸化から守るビタミンE、皮膚の健康を保つビタミンAという、アンチエイジングに必須といえる成分をバランス良く含むので、通常の食事では摂りきれない栄養素を補給でき、貧血だけでなく美容にもおすすめです。

→肌の老化を防ぐ抗酸化生活

サジージュースで疲労回復

貧血の症状のひとつでもある、疲労感ですが、しっかり寝たのに朝から疲れがとれない、なんて日々が続いていました。それが、貧血対策でサジーを飲みだしてからは、朝スッキリと起きられるようになりました。果物のジュースでこんなに人の体って変わるんだと実感します。口コミにもこのような疲労回復を実感したという声は多いです。その秘密は、サジーに含まれる酸っぱい成分のクエン酸。クエン酸は疲労によって傷ついてしまった細胞の修復に役立ちます。私の場合、貧血も改善されたので、クエン酸や鉄分などのわたしに足りていなかった成分がバランス良く補給されたことが大きいと思いますが、試してみる価値ありだと思います。

→疲労の回復を早める方法

便秘もサジーで解決するの!?

サジーには、ビタミンEやリンゴ酸のほか、鉄の吸収に必要なビタミンCも含まれています。ビタミンEやリンゴ酸は、腸の働きを活発にする作用があります。またビタミンCは、腸内環境を整える乳酸菌に役立てられることがわかっています。貧血と同様、女性に大変多い便秘ですが、そのどちらにも良いサジーは一石二鳥の栄養源になりますね。

→便秘を解消する方法

公開日:
最終更新日:2017/06/28